創業1952年 匠の技
Echo Funiture

エコーファニチャーについて

エコーは創業1952年。
昭和の時代、酒田港で使われた魚箱の生産から始まり、和茶箪笥、サイドボード、食器棚、そしてコントラクト家具の生産と、時代の変化のなかで私たちは絶えず進化を遂げてきました。
木取工程から塗装仕上げまで社内での一貫工程のもと、四十数名のスタッフが、長年培ってきた技術と最新の生産設備で、単品から大きなロットの製品まで幅広くお客様のニーズにお応えします。

施工イメージ

学校・保育園

千葉県 T小学校

この事例の詳細は
こちら

病院・施設

栃木県 S施設

この事例の詳細は
こちら

その他

山形県 D企業

この事例の詳細は
こちら

酒田市新斎場